今週のピックアップ銘柄:ゴールド(XAUUSD)

8月9日、スポットゴールド(XAUUSD)に買いシグナルが出ました。しかし、翌取引日の8月10日にストップポイントを割って下げてきました。ゴールドの買いセットアップは整っていますが、まだ下降トレンドは終焉していないようです。ここからCOTレポートを分析していきます。

COTレポート

データ:ジェネシス社

チャート上の青の縦線は2015年11月後半です。今のCOTインデックスとCOTレポートにおける実需筋のコマーシャルズと投機筋のファンド筋の動きと似ています。COTインデックスはコマーシャルズが100%でファンド筋は0%になって両者のポジションは過去6ヵ月間でかなり傾いています。COTレポートによると、ファンド筋のロングは減少を続けて、コマーシャルズの買いヘッジが積み上がってきています。先週から大きく変わったことはなく、買いセットアップが整っています。

取組高(Open Interest)

先週、NY金先物の取組高(Open Interest)が減少してきて、ファンド筋がショートポジションを買い戻していました。しかし、底値を割って下げてきた8月10日以降、取組高が増加しています。つまり、新規のショートポジションが出来上がってきています。

XAUUSDとEURUSDの相関

米ドル高によるドル建てのゴールドの価格にプレッシャーをかけていると言われています。スポットゴールドとユーロドルの相関係数は0.88まで上昇してきています。まだまだドル高(ユーロ安)の影響をゴールドは強く受けているようです。

別の角度からゴールドとユーロをみたのが上記のゴールド/ユーロのスプレッドです。先週、ゴールド買い・ユーロ売りが強まって、上限バンドにヒットしました。その後、一気に下限バンドまでに下げてきています。このスプレッドが下降から横ばいに移行して、ゴールドとユーロの相関が崩れてきて、初めてゴールド買いになるようです。