■Market Tips

毎週火曜のMarket Tipsではテクニカルな観点からその時点でチャンスがあるプロダクトを為替、株式、コモディティを問わず紹介しています。

■先週の振り返り

まず、先週の振り返りですが、先週は株価指数CFDからナスダック指数(USNAS100.i)の売りをピックアップしました。先週水曜執筆時点では7826.59でしたが、その後すぐに上昇相場に転じ、2つのテクニカル指標ともに翌日には買いに転じました。こうしたシグナルの変化は注意が必要です。今回は負けてしまいましたので、11勝5敗5分けとなりました。

■TRIXと転換線・基準線

前回からTRIXと一目均衡表の転換線・基準線を組み合わせています。どちらのテクニカル指標も比較的ゆっくりめの転換を示しますので、フィルター、トリガーの区別はつけず、両者の方向性が揃ったら売買のシグナルとします。

(1)TRIX
20期間のTRIX(サブチャート)のカーブを見て、TRIXの上昇=上昇トレンド、TRIXの下降=下降トレンドです。

(2)転換線・基準線
転換線(9期間の半値、青)が基準線(26期間の半値、赤)を上抜ける(好転)か、下抜ける(逆転)かで判断します。転換線>基準線=上昇トレンド、転換線<基準線=下降トレンドです。

まとめると、以下の売買シグナルとなります。

・TRIX、転換線・基準線がともに上昇トレンドを示したら買い。
・TRIX、転換線・基準線がともに上昇トレンドを示したら売り。
*上述の通り、順序は問いません。

■今週のピックアップ

今週はコモディティからドル建て金(XAUUSD)のピックアップです。


(チャート提供:サクソバンク証券)

チャートは4時間足で、TRIXは昨日NY市場で下降に転じています(ピンクの矢印)。

そして、転換線・基準線は今朝のスタート直後に逆転(下抜け、ピンクの丸印)を見せています。

ということで、今朝の寄り付きで双方のトレンドが揃ったこととなりますので、売りシグナルという判断になります。

来週もこの手法によるピックアップを続けます。