■Market Tips

毎週火曜のMarket Tipsではテクニカルな観点からその時点でチャンスがあるプロダクトを為替、株式、コモディティを問わず紹介しています。

■先週の振り返り

まず、先週の振り返りですが、先週は国内個別株CFDからセコム(9735)をピックアップしました。先週火曜執筆時点では9527円でしたが、全体的に強い相場にも支えられ、その後は本日の9917円までほぼ一本調子で上げてきました。これで15勝8敗5分となりました。

■パラボリックとオーサム・オシレータ

今週からはパラボリックとオーサムオシレータを組み合わせて売買シグナルを判断していくこととします。パラボリックは、先週までと同様にパラメータを通常の半分(0.01, 0.01, 0.1)に小さくすることで、より長期トレンドを追いかけるスタイルです。

またオーサム・オシレータは、MACDと似たような計算で求められるもので、計算のベースが終値でなく中値(高値と安値の半値)であること、移動平均が単純移動平均であることが違いです。パラメータは標準の5と34を使います。

(1)パラボリック
パラボリックはSAR(Stop And Reverse =ドテン)の点がメインチャート上に表示されトレンドの転換を示します。上記の通り、パラメータは通常の半分としますが、見方は通常通りです。SARの上であれば上昇トレンド、SARの下であれば下降トレンド、これをトレンドフィルターとして使います。

(2)オーサム・オシレータ(AO)

オーサムオシレータには主に3つの見方がありますが、ここでは0ラインクロスとソーサーパターンの2つを使います。0ラインクロスは、シンプルに0ラインを下から上に抜けたら買い、上から下に抜けたら売りです。こちらは一般的な手法なので問題ないと思います。

ソーサーパターンは、3本のオシレータで判断します。オシレータがプラス側にあり下降中に上昇に転じたら(V字型)買い、マイナス側にあり上昇中に下降に転じたら(逆V字型)売りです。どちらかというとアヤを取りに行くスタイルです。

まとめると、以下の売買シグナルです。

・SARが下にあるときに、AOが上に0ラインクロスか、プラス圏のソーサーで買い。
・SARが上にあるときに、AOが下に0ラインクロスか、マイナス圏ソーサーで売り。

■今週のピックアップ

今週はFXに戻してピックアップします。いつも通り4時間足のトルコリラ円においてAOが0ラインクロスによる売りシグナルが出ています。

出所:サクソバンク証券

まず、パラボリックのSARは先週金曜のNY引けで上側に転じましたので、下降トレンドということになります(ピンクの矢印)。いっぽうでAOは、昨夜NY後場に0ラインを下側にクロス(ピンクの丸印)して売りシグナルとなっています。

ということで、今週はAOの0ラインクロスによるトルコリラ円の売りをピックアップします。来週もこの手法でのピックアップとします。