■SaxoTraderPRO

当レポートではSaxoTraderPROを使っています。
SaxoTraderPROの詳細は以下のページをご覧ください。

SaxoTraderPRO概要

■日本株式CFD

サクソバンク証券では、国内最多水準*となる約1,500銘柄の日本株式CFDを提供。取引手数料無料**、最大レバレッジ5倍(個人の場合)、決済期限なく「売り建て」「買い建て」がともに可能です。

*2020年6月11日現在
**持ち越し建玉に対してキャッシュバック方式で実施。

日本株CFD概要

■先週の振り返り

先週はドル円(USDJPY)と日本株CFD2銘柄を取り上げましたので、その後の動きを見ておきましょう。

(1)ドル円(USDJPY)

ドル円(USDJPY)は、中期的にはドル安の流れに変化はないものの、ドル安のスピードがやや速いこともありますので、目先というところではいったん利食いの買い戻しも入りやすくなってきたと見て、いったんは105円台半ばまで戻し、そこから改めて中期的なターゲット104円台前半を試す展開を見ていました。

しかしユーロドル同様にドル安のスピードが速く一気に104円台前半までのドル安を見ることとなり、その反動で週末を挟んで106円台にまで戻す展開を見ることとなりました。短期筋のドル売りポジションが切らされた格好ですが、逆にドル売り再開の流れに戻りやすくなってきました。

米国雇用統計前に再度104円台を見に行く流れは十分にありうる流れであると考えられます。

(2)日本株CFD

日本株CFDを2銘柄取り上げていますが、1銘柄は株価の割安感を測る3指標「PER(株価収益率)が20以下」、「PBR(株価純資産倍率)が1.5以下」、「PSR(株価売上高倍率)が5以下」のスクリーニングをかけてピックアップしています。

銘柄数を絞るため、テクニカルを併用し今回も7期間RSIが30以下の水準から上へと抜ける(ゾーン・エグジット)が発生した銘柄による押し目買い銘柄として以下の銘柄をピックアップしました。

・2502「アサヒビール」

その後の動きを見ると、執筆時に3559円でしたが株式市場も売りが先行しましたので3380円まで下げ、そこから3651円へと上昇する動きとなりました。為替市場が大幅に円高となったことで株式市場でも売られた流れでしたが、テクニカルに7月安値を更新する動きも大きかったようです。

テクニカルには改めてゾーンエグジットとなりましたし、夏本番ということでここからは底堅い展開になっていくものと見ています。

もうひとつの銘柄は注目度の高い銘柄からのピックアップとしましたが、前回はパジェロ生産撤退を発表した三菱自動車を長期的な観点から見ました。

・7211「三菱自動車工業」

こちらは週足で分析しましたが下げをみていました。執筆時点の215円から205円まで下げ、その後は227円まで戻しています。株価水準が安いこともあって、10円の下げ先行は4.7%となりますので短期的にもよかったかもしれません。中期的には引き続き200円割れの可能性を探りたいところです。

■今週の注目銘柄

今週はナスダック100(USNAS100.I)と今週の日本株CFD2銘柄を取り上げます。

(1)ナスダック100(USNAS100.I)

ナスダック100(USNAS100.I)は7月高値を上抜け史上最高値を更新していますが、呆れるほどの強さでもはや驚くこともありませんし、金が史上最高値を更新しているのと同様に、一部の銘柄の上昇が上昇トレンドを継続させている流れです。

ナスダック100の採用銘柄にはGAFAだけでなくハイテク関連の錚々たる銘柄が採用されていますし、上昇率で話題になったテスラなども含まれていて、バブルとも思えますが、現状では株式市場における資金の行き先として実体経済の影響を受ける銘柄が注目されにくい状況が続きそうです。

ただ、一部の銘柄だけが強い地合いが今後も続くのかとなると悩ましく、いつ大きめの調整入ってもおかしくはない水準に入ってきていると言えそうです。日足チャートをご覧ください。

(チャート提供:サクソバンク証券)

4月以降のサポートラインが効いていますが、最近の水準はサポートラインから離れてきていますし、2月高値から3月安値への下げ幅に対して、すでに1.5倍(11307.25)近い値幅を上げてきていることもわかります。

流れに逆らっての売りは危険ですが、下げ始める時には思いの外速い速度で下げる可能性がありますので注意が必要です。再度買ってもよいと思える水準はやはりサポートラインにもっと近い水準だと考えられます。

(2)今週の日本株CFD2銘柄

今週も日本株CFD2銘柄のうち、1銘柄はファンダメンタルに割安株を探しテクニカルで絞る、もう1銘柄は誰でも知っている銘柄から選んで現状どのような判断ができるのかをテクニカルな観点から見ています。

まず、割安株スクリーニング銘柄ですが以下の条件を適用します。

・PER(株価収益率)20以下
・PBR(株価純資産倍率)1.5以下
・PSR(株価売上高倍率)5以下

そして、テクニカルな条件も先週と同様に7期間RSIが30以下の水準から上へと抜ける(ゾーン・エグジット)が発生した銘柄とします。また必要証拠金(個人)は20%の銘柄から選びましょう。

今週も上記スクリーニングによるピックアップ、かつ証拠金率20%(レバ5倍)の銘柄は2銘柄しか残りませんでした。その中から誰でも知っているKADOKAWA(角川書店)を選んでみました。

9468「KADOKAWA」

今回も会社の説明は不要ですね。日足チャートを御覧ください。

(チャート提供:サクソバンク証券)

チャートを見ると全ての条件に当てはまっているのですが、本日前場に既に急騰してしまっています。しかも7月高値も上回る勢いです。ただ、この勢いがテクニカルにはまだ続きそうな印象ですから、それを考えると追っかけ買いでも大丈夫なのではないかと思います。本来ならば急騰前に買いたかったところですね。

7203「トヨタ自動車」

もうひとつは先週に続いて自動車メーカーですが、今回はトヨタです。トヨタ自動車は本日午後に4〜6月期の連結決算を発表しますが、5月には日本の自動車メーカーで唯一21年3月期の予想を開示し、危機の中でコスト削減を目指していますが、販売台数も比較的堅調な様子で上振れの可能性もあるようです。

そうなると、明日以降に株価上昇期待も持てますので、現状の日足チャートを見てみます。

(チャート提供:サクソバンク証券)

6月高値からのレジスタンスラインが効いていますが、今は6月高値と7月安値の半値戻しの水準でもあります。このレジスタンスラインを上抜けすると61.8%戻しの6800円台前半から7月高値の水準を目指す流れになりそうです。果たしてどのような数字が出てくるでしょうか。

■来週の注目イベント(コラム)

先週も書きましたが、今週は米国の雇用関連の数字が連日発表されます。昨日のADP全国雇用者数は予想よりもかなり悪い数字でしたが、前回分が大幅に上方修正されたこともあって思ったほど材料視されませんでした。しかし、直近の数字が弱いとなると今夜発表される新規失業保険申請数も3週連続で増加の可能性もありますし、明日の雇用統計も弱めの数字が出てくる可能性があり注意が必要です。

そうした中で為替市場ではドル安の流れが継続しやすい状態となっていますし、ドル建て金は2000ドルの大台乗せと米ドル離れが見られます。米国と中国の間では今度はTikTokを含めスマホアプリの追放など米中間の対立が激化しそうな材料には事欠きません。

来週月曜は東京市場が休みとなりますが、そうした時に限って大きな動きが出るというのはよくあることです。週末越えのポジション管理には十分な注意が必要です。