多くの投資家に利用されるようになった「ボリンジャーバンド」。株価が反転するタイミングを測るトレンド系テクニカル指標の代表格です。

ボリンジャーバンドの基本

テクニカル分析の中で、「トレンド系」と呼ばれる「ボリンジャーバンド」。トレンドの方向性を測るのに優れています。

ボリンジャーバンドは、ジョン・ボリンジャー氏(米国)が開発した移動平均線を基に標準偏差(σ=シグマ)を算出したテクニカル指標。移動平均で求めた平均値を中心に、どの程度ばらつきがあるのかを表したラインで、ばらつきの大きさによってバンドの幅が変化します。

「標準偏差」とはあまり聞きなれない言葉ですが、その意味は決して難しくありませんし、細かい計算方法を覚える必要もありません。使い方だけきちんと理解しておきましょう。

ボリンジャーバンドの基本的な利用方法は、まず中央の移動平均線を境に上下にσを算出します。

上の1本目が+1σ、2本目が+2σ、下の1本目が-1σ、2本目が-2σ

一般的には、ボリンジャーバンドは移動平均線を中心に、上下のバンド幅の拡大縮小を繰り返しながら推移していきます。このとき実際の値動きは約95%の確率で±2σの枠内に収まるとされています。

つまりほとんどの場合、ローソク足がレンジ下端の-2σをタッチしたら「買いサイン」と判断でき、またレンジ上端の+2σをタッチしたら「売りサイン」とみなすことができるのが特徴です。

ボリンジャーバンドの応用

ボリンジャーバンドは、相場が膠着し、ある一定の価格帯の中でチャートが推移する時には、その特徴をいかんなく発揮します。

しかし、相場が激しく動き、トレンドが発生したような時には、どこまで上がるのか、もしくは下がるのかを読み取ることが難しくなります。このような時は、ボリンジャーバンドだけでなく、一目均衡表や移動平均線のようなオシレーター系のテクニカル分析を併用すると良いでしょう。

トレンドが一方向に傾いた状態が続くと、ボリンジャーバンドはその効力を失う傾向がありますが、注目すべきは、トレンドは永遠には続かず、どこかで徐々に弱くなり、またボックス圏でチャートが推移するようになります。

なぜなら為替でも株式でも、買われすぎると売る人が出てくるし、また売られすぎると買う人が出てくるからです。そうした場合には、またボリンジャーバンドが得意な狭いレンジでのボックス権が発生するので、売買サインの信憑性が高くなります。

またトレンドが形成されると、ボリンジャーバンドが効力を失う特性を、逆手にとって、株価が+2σラインを上に抜けた時を買いのサイン、-2σラインを下に抜けた時を売りのサインととして利用するような応用テクニックも覚えておきましょう。