エンベロープはトレンド追従型指標に分類されるチャート。使い方がとてもわかりやすく、多くの投資家が利用しています。

エンベロープの基本

エンベロープはトレンドの確認のために利用され、ボリンジャーバンドと兄弟のように性格の似たテクニカル手法です。

「エンベロープ」は、「包む」という意味で、ボリンジャーバンドと異なり、バンド幅は一定です。チャート(移動平均線)の上下に一定の数値で表されたバンドにより構成されています。

エンベロープは、まずチャート(移動平均線)の上下に±N%の幅でラインを引きます。たとえば25日移動平均線を基準線にし、上下5%のラインを引き、トレンドを見ます。

一般的には日足をベースとした場合、25日移動平均(約1カ月)に対して5%、または10%乖離したラインが用いられます。

エンベロープを利用する際には、上のバンドに価格が到達した地点が売りシグナル、下のバンドに価格が到達した地点が買いシグナルになります。

エンベロープの優れたところは、移動平均線だけではわからない、相場の反転のポイントを見極めることができる点でしょう。

エンベロープの応用

エンベロープは、移動平均線からの乖離率から「売られ過ぎ」「買われ過ぎ」を判断するという、「逆張り」の取引で利用されます。

上のバンドに価格が到達したら売りシグナル、下のバンドに価格が到達したら買いシグナルとして見ることができます。

また上記の表のようなボックス圏では、エンベロープの上下のバンドは反転の目安として使用できます。上のバンドから下のバンドまでの幅を、今後の値幅と予測してみることもできます。