ピボットは当日の高値・安値・終値の3つの値を使って、翌日の売買ポイントを導き出します。

ピボットの基本

ピボット(PIVOT)はJ・W・ワイルダーによって考案されたテクニカル指標です。

ピボットは当日の高値・安値・終値の3つの値を使って、翌日の売買の目安となるサポートライン(支持線)、レジスタンスライン(抵抗線)を計算するものです。

ピボット=(当日の高値+当日の安値+当日の終値)÷3
明日の値段を予想するのには、古い過去の値動きより今日の値動きが参考になるという考え方ですが、当日の値動きの中でも高値・安値・終値の3つの値が一番参考になるという発想から作られたのが、ピボットです。

ピボットは4つの線を使います。前日の価格を基準に、支持線(Support1、Support2)と抵抗線(Resistance1、Resistance2)でレンジを設定します。翌日の株価がかなりの確率でその範囲内に収まると考えて良いでしょう。

基本的には当日の株価の動きが計算された支持線の内側のライン(Support1)にとどいた時にとりあえず「買い」、抵抗線の内側のライン(Resistance1)にとどいた時には抵抗されると見なし「売り」という判断ができます。

ピボットの応用

買いから入ったケースで、Support1に価格がタッチしたらそれは売買サインとみなすことができます。しかしもしここで買った後に、さらに下に抜けたりした場合には、どうしたらいいのでしょうか?

そのような時は、まずSupport2まで我慢しましょう。確率的にはSupport2近辺で反発する可能性が高いので、買い増すことが選択肢に入ってきます。ただしもう1つの判断としては、Support1を下抜けた時点で買っていた分を売り、売買を決済させましょう。

手仕舞いするかさらに買い増すかの判断は難しいところですが、その銘柄の過去の値動きや、他のテクニカル分析と併用して、その後の価格の推移を予測すると良いでしょう。

予測が立たないような時は、損失を広げないためにも、いったん決済してしまうことをおすすめします。