トレンドの転換点を計るのに有効な手段であるパラボリックSAR。トレンドが発生しているときには「買い」でも「売り」でも利益を伸ばす強い味方となります。

パラボリックSARの基本

パラボリックSARは、ピボットなどとともにJ・W・ワイルダー氏によって考案された、売買ポイントを見極めるテクニカル指標です。

パラボリック(Parabolic)は「放物線」という意味。そしてSARとは「Stop And Reverse」の略で、このグラフを描く点(ドット)のことを指しています。

独特のドット・ラインが特徴的ですが、放物線のラインが上から下降していき、ローソク足にぶつかったところが「買いシグナル」。逆に放物線のラインが下から上昇していき、ローソク足にぶつかったところが「売りシグナル」になります。

パラボリックSARは視覚的に理解しやすく、分析する場合には、上にあるか、下にあるかの2通りしかなく単純な指標です。しかしその計算方法や理論はやや難解で、ここでは割愛しますが、価格の高値と安値を計算し、売買のタイミングを計っています。

買いポジションは「価格がSARの上に位置している期間」、売りポジションは「価格がSARの下に位置している期間」と覚えておきましょう。

パラボリックSARの応用

パラボリックSARは、売買ポイントを示唆すると同時に、トレンドの反転サインも確認することができます。

ただしパラボリックは大きなトレンドを形成している相場では有効ですが、ボックス内で推移している場合には売買のサインが遅れてしまい、あまり機能しなくなります。

相場が狭いレンジで膠着しているような局面では、トレンドの強さや方向性を示す他のオシレーター系の指標と組み合わせて使うと良いでしょう。

パラボリックSARを取引で利用する際には、トレンドの中でまずポジションを取り、その後、ドット・ラインにぶつかったら利益を確保するか、もしくは損切りするなど、トレンドの反転予測できる性格を活かして利用すると良いでしょう。

またさらに一歩進んだ使い方としては、パラボリックSARはトレーリングストップで活躍します。
トレーリングストップは、ポジションが含み益になっている時に一定の幅でロスカットのラインが上がって行き、利益を増やしていく手法です。

たとえば上昇相場で買いから入ったとしましょう。トレンドにはいつか終わりがくるもので、価格が天井に達した後に下がってきます。この時に、パラボリックSARを使ってストップレベルまで下落し、ストップが有効となるまで毎日ロスカットのラインを上に移動させることで、利益を効果的に増やしていくことができます。