FX

新着記事

期待されるニューヨークダウの高値更新

23日にS&P500種株価指数とナスダック総合株価指数が過去最高値を更新した。主要企業の四半期決算を好感した買いが続き、半導体株などへの投資家の楽...

期待されるニューヨークダウの高値更新

23日にS&P500種株価指数とナスダック総合株価指数が過去最高値を更新した。主要企業の四半期決算を好感した買いが続き、半導体株などへの投資家の楽観ムードが...

期待されるニューヨークダウの高値更新

豪ドル安を考える(4月25日)

昨日発表されたオーストラリアの1〜3月期CPIの結果を受けて豪ドルが対ドル、対円で水準を下げています。予想は前期比+0.2%でしたが結果は0%、前...

豪ドル安を考える(4月25日)

昨日発表されたオーストラリアの1〜3月期CPIの結果を受けて豪ドルが対ドル、対円で水準を下げています。予想は前期比+0.2%でしたが結果は0%、前年比でも+1...

豪ドル安を考える(4月25日)

ドル円年初来高値更新(4月17日)

日米通商協議が終わり、今回は協議の範囲を決めたに留まり、具体的な話は次回以降となったことによる安心感もあるのでしょうか、ドル円は年初来高値...

ドル円年初来高値更新(4月17日)

日米通商協議が終わり、今回は協議の範囲を決めたに留まり、具体的な話は次回以降となったことによる安心感もあるのでしょうか、ドル円は年初来高値をわずかに...

ドル円年初来高値更新(4月17日)

20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を終えて

日本が初めて議長国を務めた米ワシントンで開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が12日(日本時間13日)、2日間の討議を終...

20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を...

日本が初めて議長国を務めた米ワシントンで開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が12日(日本時間13日)、2日間の討議を終え閉幕した...

20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を終えて

ユーロドルは下値模索か(4月11日)

■昨夜のイベント振り返り 昨日は注目されるイベントが集中しました。 まず、ECB理事会では前回3月の理事会で市場参加者の想定以上にハト派なスタン...

ユーロドルは下値模索か(4月11日)

■昨夜のイベント振り返り 昨日は注目されるイベントが集中しました。 まず、ECB理事会では前回3月の理事会で市場参加者の想定以上にハト派なスタンスが示され...

ユーロドルは下値模索か(4月11日)

米国株の今後の展開

ニューヨーク・ダウは4月9日、26,150ドル58セントで取引を終了し、年初から12.1%の上昇となった。過去最高値は2018年10月3日につけた26,828ドル39セン...

米国株の今後の展開

ニューヨーク・ダウは4月9日、26,150ドル58セントで取引を終了し、年初から12.1%の上昇となった。過去最高値は2018年10月3日につけた26,828ドル39セントだが、高...

米国株の今後の展開

ドル高観測 注目される米雇用統計

 欧州景気の弱含みが台頭する中、米国で労働需給の引き締まりが意識され、ドル買いが優勢な展開になっている。世界景気の減速に対する警戒感がくすぶ...

ドル高観測 注目される米雇用統計

 欧州景気の弱含みが台頭する中、米国で労働需給の引き締まりが意識され、ドル買いが優勢な展開になっている。世界景気の減速に対する警戒感がくすぶるなか、足...

ドル高観測 注目される米雇用統計

ポンドは何処へ向うのか(4月4日)

■離脱期限まで残り8日 4月に入り英国の決断期限12日まで残り8日となりました。英国議会ではその後も離脱に関して繰り返し採決が行われてきましたが、全...

ポンドは何処へ向うのか(4月4日)

■離脱期限まで残り8日 4月に入り英国の決断期限12日まで残り8日となりました。英国議会ではその後も離脱に関して繰り返し採決が行われてきましたが、全ての代替案...

ポンドは何処へ向うのか(4月4日)

G20 財務大臣・中央銀行総裁会議への期待

 4月11日から12日にかけて、G20 財務大臣・中央銀行総裁会議が米ワシントンで開かれる予定だ。  昨年後半から米国・中国・欧州など世界的に景気...

G20 財務大臣・中央銀行総裁会議への期待

 4月11日から12日にかけて、G20 財務大臣・中央銀行総裁会議が米ワシントンで開かれる予定だ。  昨年後半から米国・中国・欧州など世界的に景気減速懸念が...

G20 財務大臣・中央銀行総裁会議への期待

トルコリラの急変(3月28日)

今週はトルコリラをファンダメンタル、テクニカルの両面から見ていくこととしましょう。 ■トルコの現状 トルコリラは先週金曜に急落し、今週水曜までに全ての値幅...

トルコリラの急変(3月28日)

今週はトルコリラをファンダメンタル、テクニカルの両面から見ていくこととしましょう。 ■トルコの現状 トルコリラは先週金曜に急落し、今週水曜までに全ての値幅を戻すとい...

トルコリラの急変(3月28日)

バナー1

おすすめ動画

FXオープンポジション

Powered by Saxo Bank

人気のタグ

タグがありません。
口座開設(無料)はこちらボタン3

【ご注意】
■当ウェブサイト上で閲覧可能なレポートその他のコンテンツ(以下「レポート等」といいます。)は、いずれも情報提供のみを目的としたものであり、特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。
■これらレポート等は、作成時点において執筆者またはサクソバンク証券(以下「当社」といいます。)が信頼できると判断した情報やデータ等に基づいていますが、執筆者または当社はその正確性、完全性等を保証するものではありません。これらレポート等の利用により生じた損害についても、執筆者または当社は責任を負いません。
■これらレポート等で示される意見は執筆者によるものであり、当社の考えを反映するものではありません。また、これら意見はあくまでも参考として申し述べたものであり、推奨を意味せず、また、いずれの記述も将来の傾向、数値、投資成果等を示唆もしくは保証するものではありません。これらレポート等に記載の情報は作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。
■これらレポート等の全部か一部かを問わず、無断での転用、複製、再配信、ウェブサイトへの投稿や掲載等を行うことはできません。
■上記のほか、これらレポート等を含む当ウェブサイトの閲覧・ご利用に関する「免責事項」をご確認ください。
https://www.home.saxo/ja-jp/legal/disclaimer/saxo-disclaimer
■当社が提供するデリバティブ取引は、為替相場、有価証券の価格や指数、貴金属その他の商品相場または金利等の変動によって損失を生じるおそれがあります。また、お預けいただく証拠金額に比べてお取引可能な金額が大きいため、その損失は、預託された証拠金の額を上回る恐れがあります。お取引は、取引説明書および約款をあらかじめよくお読みいただき、それらの内容をご理解のうえ、ご自身の判断と責任において行ってください。
■当社でのお取引にかかるリスクやコスト等については、こちらも必ずご確認ください。
https://www.home.saxo/ja-jp
https://www.home.saxo/ja-jp/legal/about-trading-risk/saxo-about-trading-risk

サクソバンク証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第239号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会