トピックス

新着記事

WTI原油が約先週比4%上昇し1ヵ月半ぶりの高値に。節目の60.0ドル...

今週のWTI原油は予想を上回った米雇用統計の結果を好感し上昇して始まりました。週前半は米中貿易戦争の長期化で世界経済見通しの悪化および原油需要の後退懸念が...

WTI原油が約先週比4%上昇し1ヵ月半ぶりの高値に。節...

今週のWTI原油は予想を上回った米雇用統計の結果を好感し上昇して始まりました。週前半は米中貿易戦争の長期化で世界経済見通しの悪化および原油需要の後退懸念が危惧される...

WTI原油が約先週比4%上昇し1ヵ月半ぶりの高値に。節目の60.0ドルを突破!気になる今後...

クリスティーヌ・ラガルド国際通貨基金(IMF)専務理事がECB次期総...

7月2日に開催された欧州連合(EU)臨時首脳会議において、欧州中央銀行(ECB)の次期総裁にフランス出身のクリスティーヌ・ラガルド国際通貨基金(IMF)...

クリスティーヌ・ラガルド国際通貨基金(IMF)専務理事...

7月2日に開催された欧州連合(EU)臨時首脳会議において、欧州中央銀行(ECB)の次期総裁にフランス出身のクリスティーヌ・ラガルド国際通貨基金(IMF)専務理事が...

クリスティーヌ・ラガルド国際通貨基金(IMF)専務理事がECB次期総裁に指名。英中央銀行も...

金価格が急上昇、6年ぶりの高値圏。今後の展開は?

金価格は25日(火)に6年ぶりの高値に達した後に利益確定売りの影響もあり少し値を落としています。6月のFOMCで利下げが示唆されましたが、セントルイス連銀のジ...

金価格が急上昇、6年ぶりの高値圏。今後の展開は?

金価格は25日(火)に6年ぶりの高値に達した後に利益確定売りの影響もあり少し値を落としています。6月のFOMCで利下げが示唆されましたが、セントルイス連銀のジェームズ・...

金価格が急上昇、6年ぶりの高値圏。今後の展開は?

為替が次の貿易戦争の対象になるか!?

米トランプ大統領はここまで中国・EU・ニュースメディア・移民を標的にしてきたが、飽くなき標的探しの新しい対象が見つかりそうだ。それは為替である。結果として...

為替が次の貿易戦争の対象になるか!?

米トランプ大統領はここまで中国・EU・ニュースメディア・移民を標的にしてきたが、飽くなき標的探しの新しい対象が見つかりそうだ。それは為替である。結果としてドル安およ...

為替が次の貿易戦争の対象になるか!?

コーヒー豆相場暴落の背景~2010年以来最大の下げ幅

コーヒー豆相場は6月5日に2010年以来最大の下げ幅を記録し、前日比7.3%安となった。このまれにある、ひどい暴落は5月半ばから続いていた戻り相場で19%上昇した後...

コーヒー豆相場暴落の背景~2010年以来最大の下げ幅

コーヒー豆相場は6月5日に2010年以来最大の下げ幅を記録し、前日比7.3%安となった。このまれにある、ひどい暴落は5月半ばから続いていた戻り相場で19%上昇した後にやってき...

コーヒー豆相場暴落の背景~2010年以来最大の下げ幅

米国株の上昇の引きがね

米政府機関の一部閉鎖が 1 カ月を超えた。23 日は米大統領経済諮問委員会(CEA)の ハセット委員長が「閉鎖が 3 月まで続く場合、 1-3 月期の米経済成長率はゼロに...

米国株の上昇の引きがね

米政府機関の一部閉鎖が 1 カ月を超えた。23 日は米大統領経済諮問委員会(CEA)の ハセット委員長が「閉鎖が 3 月まで続く場合、 1-3 月期の米経済成長率はゼロになる」 と...

米国株の上昇の引きがね

トランプ大統領、米株買い推奨

トランプ米大統領は25日、ホワイトハウスで記者団に発言。下落傾向が強まっている最近の米国株について、「米国には世界で最も偉大な企業があり、記録的な好業績...

トランプ大統領、米株買い推奨

トランプ米大統領は25日、ホワイトハウスで記者団に発言。下落傾向が強まっている最近の米国株について、「米国には世界で最も偉大な企業があり、記録的な好業績だ。米国に...

トランプ大統領、米株買い推奨

FOMC利上げ決定で景気減速懸念

FOMCは19日、今年4回目の利上げを決めた。2019年の利上げ見通しは前回の3回から2回に減少したが、20年にはなお1回の利上げを見込む内容だった。19日の米国...

FOMC利上げ決定で景気減速懸念

FOMCは19日、今年4回目の利上げを決めた。2019年の利上げ見通しは前回の3回から2回に減少したが、20年にはなお1回の利上げを見込む内容だった。19日の米国株式市場は...

FOMC利上げ決定で景気減速懸念

今次の株安局面は一旦収束か

12月1 日のカナダ当局による(米国の要請)中国通信機器大手企業ファーウェイCFO逮捕以降、「米中一時休戦」シナリオへの懸念が再台頭し、90日間の通商...

今次の株安局面は一旦収束か

12月1 日のカナダ当局による(米国の要請)中国通信機器大手企業ファーウェイCFO逮捕以降、「米中一時休戦」シナリオへの懸念が再台頭し、90日間の通商交渉のなか...

今次の株安局面は一旦収束か

米中貿易摩擦懸念が再熱

中国の通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)副会長兼最高財務責任者が逮捕されたことで、米中摩擦の悪化懸念が再燃し、12月6日の日経平均は暴落となった。米...

米中貿易摩擦懸念が再熱

中国の通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)副会長兼最高財務責任者が逮捕されたことで、米中摩擦の悪化懸念が再燃し、12月6日の日経平均は暴落となった。米国が経済制...

米中貿易摩擦懸念が再熱

口座開設(無料)はこちらボタン3

【ご注意】
■当ウェブサイト上で閲覧可能なレポートその他のコンテンツ(以下「レポート等」といいます。)は、いずれも情報提供のみを目的としたものであり、特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。
■これらレポート等は、作成時点において執筆者またはサクソバンク証券(以下「当社」といいます。)が信頼できると判断した情報やデータ等に基づいていますが、執筆者または当社はその正確性、完全性等を保証するものではありません。これらレポート等の利用により生じた損害についても、執筆者または当社は責任を負いません。
■これらレポート等で示される意見は執筆者によるものであり、当社の考えを反映するものではありません。また、これら意見はあくまでも参考として申し述べたものであり、推奨を意味せず、また、いずれの記述も将来の傾向、数値、投資成果等を示唆もしくは保証するものではありません。これらレポート等に記載の情報は作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。
■これらレポート等の全部か一部かを問わず、無断での転用、複製、再配信、ウェブサイトへの投稿や掲載等を行うことはできません。
■上記のほか、これらレポート等を含む当ウェブサイトの閲覧・ご利用に関する「免責事項」をご確認ください。
https://www.home.saxo/ja-jp/legal/disclaimer/saxo-disclaimer
■当社が提供するデリバティブ取引は、為替相場、有価証券の価格や指数、貴金属その他の商品相場または金利等の変動によって損失を生じるおそれがあります。また、お預けいただく証拠金額に比べてお取引可能な金額が大きいため、その損失は、預託された証拠金の額を上回る恐れがあります。お取引は、取引説明書および約款をあらかじめよくお読みいただき、それらの内容をご理解のうえ、ご自身の判断と責任において行ってください。
■当社でのお取引にかかるリスクやコスト等については、こちらも必ずご確認ください。
https://www.home.saxo/ja-jp
https://www.home.saxo/ja-jp/legal/about-trading-risk/saxo-about-trading-risk

サクソバンク証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第239号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会