トピックス

新着記事

米中貿易摩擦懸念が再熱

中国の通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)副会長兼最高財務責任者が逮捕されたことで、米中摩擦の悪化懸念が再燃し、12月6日の日経平均は暴落となった。米...

米中貿易摩擦懸念が再熱

中国の通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)副会長兼最高財務責任者が逮捕されたことで、米中摩擦の悪化懸念が再燃し、12月6日の日経平均は暴落となった。米国が経済制...

米中貿易摩擦懸念が再熱

ニューヨークダウ、3月下旬以来の大幅上昇

11月29日のNYダウは続伸して始まった。寄り付きは前営業日比84ドル高の24,832.84。パウエルFRB議長のハト派的な発言から、米国東部時間午後12時すぎから...

ニューヨークダウ、3月下旬以来の大幅上昇

11月29日のNYダウは続伸して始まった。寄り付きは前営業日比84ドル高の24,832.84。パウエルFRB議長のハト派的な発言から、米国東部時間午後12時すぎから急上昇する...

ニューヨークダウ、3月下旬以来の大幅上昇

原油反転 転機は12月6日のOPEC総会?

20日のWTI で期近12月限は前営業日比6.6%低下、3.77 ドル安の1バレル53.43ドルで取引を終了。ニューヨーク原油相場は、約1年ぶりの安値を付けた。イラ...

原油反転 転機は12月6日のOPEC総会?

20日のWTI で期近12月限は前営業日比6.6%低下、3.77 ドル安の1バレル53.43ドルで取引を終了。ニューヨーク原油相場は、約1年ぶりの安値を付けた。イラン制裁で同...

原油反転 転機は12月6日のOPEC総会?

原油相場の反転近し?

13日のニューヨーク商業取引所で、指標となる「米国産WTI原油」の先物価格が急落し、前日比4・24ドル(7・1%)安い1バレル=55・69ドルで取引を終...

原油相場の反転近し?

13日のニューヨーク商業取引所で、指標となる「米国産WTI原油」の先物価格が急落し、前日比4・24ドル(7・1%)安い1バレル=55・69ドルで取引を終えた。 原...

原油相場の反転近し?

米国中間選挙の結果概要

11月6日に投開票が行われた米中間選挙では、市場の予想通り、上院は共和党が勝利し、下院は民主党が10年ぶりに多数派を奪還する結果となった。結果、201...

米国中間選挙の結果概要

11月6日に投開票が行われた米中間選挙では、市場の予想通り、上院は共和党が勝利し、下院は民主党が10年ぶりに多数派を奪還する結果となった。結果、2019年1月に招...

米国中間選挙の結果概要

米国株、4年に一度の投資タイミング?

米国で11月6日に行われる中間選挙が世界の金融市場では最も注目されている。今週、10月24日の米株式市場は急落。NYダウ30種平均株価は前日比608ドル安(▲2.41%)...

米国株、4年に一度の投資タイミング?

米国で11月6日に行われる中間選挙が世界の金融市場では最も注目されている。今週、10月24日の米株式市場は急落。NYダウ30種平均株価は前日比608ドル安(▲2.41%)、ナスダッ...

米国株、4年に一度の投資タイミング?

米財務省、中国の為替操作国認定見送り

米財務省が2018年10月17日に半期に一度の為替報告書を公表(前回は 4 月 13 日)し、注目された中国は為替操作を行ったと認定されなかった。同省は中国に対し、最...

米財務省、中国の為替操作国認定見送り

米財務省が2018年10月17日に半期に一度の為替報告書を公表(前回は 4 月 13 日)し、注目された中国は為替操作を行ったと認定されなかった。同省は中国に対し、最近の人民元...

米財務省、中国の為替操作国認定見送り

貿易摩擦からの悪循環相場の強まり

トランプ米政権による直接・間接的な圧力が中国経済に打撃を与え、世界の金融・資本市場にリスクオフムードを高め、米株式相場に跳ね返る悪循環相場の様相が強まっ...

貿易摩擦からの悪循環相場の強まり

トランプ米政権による直接・間接的な圧力が中国経済に打撃を与え、世界の金融・資本市場にリスクオフムードを高め、米株式相場に跳ね返る悪循環相場の様相が強まっている。市...

貿易摩擦からの悪循環相場の強まり

業績相場に移れるか注目

4日の日経平均株価は続落した。10月下旬から始まる2018年4~9月期の日本企業の決算発表で円安進行による業績上方修正が相次ぐとの期待は先行しているも...

業績相場に移れるか注目

4日の日経平均株価は続落した。10月下旬から始まる2018年4~9月期の日本企業の決算発表で円安進行による業績上方修正が相次ぐとの期待は先行しているものの、「当...

業績相場に移れるか注目

日経平均、ブルマーケット継続か

9月7日の総裁選告示日の安値2万2,172円を起点に「アベノミクス相場上昇第3波」が始まった。今年、4度挑戦して、上回ることができなかった2万3,000円の壁...

日経平均、ブルマーケット継続か

9月7日の総裁選告示日の安値2万2,172円を起点に「アベノミクス相場上昇第3波」が始まった。今年、4度挑戦して、上回ることができなかった2万3,000円の壁を9月14日...

日経平均、ブルマーケット継続か

口座開設(無料)はこちらボタン3

【ご注意】
■当ウェブサイト上で閲覧可能なレポートその他のコンテンツ(以下「レポート等」といいます。)は、いずれも情報提供のみを目的としたものであり、特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。
■これらレポート等は、作成時点において執筆者またはサクソバンク証券(以下「当社」といいます。)が信頼できると判断した情報やデータ等に基づいていますが、執筆者または当社はその正確性、完全性等を保証するものではありません。これらレポート等の利用により生じた損害についても、執筆者または当社は責任を負いません。
■これらレポート等で示される意見は執筆者によるものであり、当社の考えを反映するものではありません。また、これら意見はあくまでも参考として申し述べたものであり、推奨を意味せず、また、いずれの記述も将来の傾向、数値、投資成果等を示唆もしくは保証するものではありません。これらレポート等に記載の情報は作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。
■これらレポート等の全部か一部かを問わず、無断での転用、複製、再配信、ウェブサイトへの投稿や掲載等を行うことはできません。
■上記のほか、これらレポート等を含む当ウェブサイトの閲覧・ご利用に関する「免責事項」をご確認ください。
https://www.home.saxo/ja-jp/legal/disclaimer/saxo-disclaimer
■当社が提供するデリバティブ取引は、為替相場、有価証券の価格や指数、貴金属その他の商品相場または金利等の変動によって損失を生じるおそれがあります。また、お預けいただく証拠金額に比べてお取引可能な金額が大きいため、その損失は、預託された証拠金の額を上回る恐れがあります。お取引は、取引説明書および約款をあらかじめよくお読みいただき、それらの内容をご理解のうえ、ご自身の判断と責任において行ってください。
■当社でのお取引にかかるリスクやコスト等については、こちらも必ずご確認ください。
https://www.home.saxo/ja-jp
https://www.home.saxo/ja-jp/legal/about-trading-risk/saxo-about-trading-risk

サクソバンク証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第239号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会