Tag: チャート

新着記事

FOMC後の円相場(3月21日)

■FOMC結果 昨日のFOMCでは成長見通しを下方修正し「2019年の利上げなし」、「9月でバランスシート縮小終了」と事前の予想以上にハト派な結果となりまし...

FOMC後の円相場(3月21日)

■FOMC結果 昨日のFOMCでは成長見通しを下方修正し「2019年の利上げなし」、「9月でバランスシート縮小終了」と事前の予想以上にハト派な結果となりました。 今回...

FOMC後の円相場(3月21日)

ブレグジット採決とポンド(3月14日)

■サクソバンク証券ブースでのミニセミナー 3月9日に投資家向けのイベントEXPO2019が東京ドームシティーで開催されました。同イベントではサクソバンク証...

ブレグジット採決とポンド(3月14日)

■サクソバンク証券ブースでのミニセミナー 3月9日に投資家向けのイベントEXPO2019が東京ドームシティーで開催されました。同イベントではサクソバンク証券もブース...

ブレグジット採決とポンド(3月14日)

“Trading View”近日リリース(3月7日)

今週は近日中にリリースされる"Trading View"(トレーディング・ビュー)の紹介と、実例としてTVを使った円相場の値幅観測を行います。 ■SAXO版Trading Viewリリー...

“Trading View”近日リリース(3月7日)

今週は近日中にリリースされる"Trading View"(トレーディング・ビュー)の紹介と、実例としてTVを使った円相場の値幅観測を行います。 ■SAXO版Trading Viewリリース サクソ...

“Trading View”近日リリース(3月7日)

ポンド高とブレグジット協議(2月28日)

先週に続いてブレグジットをファンダメンタルのテーマに、ポンドドルとユーロポンドの動きをテクニカルな面から見ていきたいと思います。 ■ファンダメンタル ブレ...

ポンド高とブレグジット協議(2月28日)

先週に続いてブレグジットをファンダメンタルのテーマに、ポンドドルとユーロポンドの動きをテクニカルな面から見ていきたいと思います。 ■ファンダメンタル ブレグジット協...

ポンド高とブレグジット協議(2月28日)

FOMC議事録とブレグジット協議(2月21日)

昨日はFOMC議事録の公表、メイ首相とユンケル欧州委員長との会談という2つの重要イベントがありましたので、今週はこれらのテーマを扱うこととします。 ■FOMC議事...

FOMC議事録とブレグジット協議(2月21日)

昨日はFOMC議事録の公表、メイ首相とユンケル欧州委員長との会談という2つの重要イベントがありましたので、今週はこれらのテーマを扱うこととします。 ■FOMC議事録公表 昨日...

FOMC議事録とブレグジット協議(2月21日)

リスクオンとドル円(2月14日)

ドル円のリスクオン相場が続いています。特に直近では旧正月明けの上海総合株価指数が全面高となり、昨年10月の水準にまで戻してきていることから、ダウも日経平均...

リスクオンとドル円(2月14日)

ドル円のリスクオン相場が続いています。特に直近では旧正月明けの上海総合株価指数が全面高となり、昨年10月の水準にまで戻してきていることから、ダウも日経平均も続伸する...

リスクオンとドル円(2月14日)

円とユーロの見通し(2月7日)

今週はドル円とユーロドルの見通しを解説します。チャートはテクニカル分析専門ツールであるFibonacci Traderによる作図です。 ■ドル円 現時点でも材料的にはリス...

円とユーロの見通し(2月7日)

今週はドル円とユーロドルの見通しを解説します。チャートはテクニカル分析専門ツールであるFibonacci Traderによる作図です。 ■ドル円 現時点でも材料的にはリスクオフの動...

円とユーロの見通し(2月7日)

FOMC後の為替相場(1月31日)

■はじめに 私自身の為替相場に対する基本的な考え方を「FX羅針盤」という中立なニュースサイトに上げてあります。かなり長いコメンタリーですが「2019年...

FOMC後の為替相場(1月31日)

■はじめに 私自身の為替相場に対する基本的な考え方を「FX羅針盤」という中立なニュースサイトに上げてあります。かなり長いコメンタリーですが「2019年ドル円相場...

FOMC後の為替相場(1月31日)

米中貿易摩擦とリスクオフ懸念(1月24日)

■お知らせ 前回からスタイルを変え、先週は「ブレグジット案採決と今後の見通し」というテーマで、ファンダメンタル面とテクニカル面との双方の見通しを...

米中貿易摩擦とリスクオフ懸念(1月24日)

■お知らせ 前回からスタイルを変え、先週は「ブレグジット案採決と今後の見通し」というテーマで、ファンダメンタル面とテクニカル面との双方の見通しを書かせてい...

米中貿易摩擦とリスクオフ懸念(1月24日)

テクニカル分析に強くなるオートチャーティスト(1月17日)

■オートチャーティストとは オートチャーティストとはSaxoTraderGOで取引できる商品のチャート分析を自動で行い、確率が高いと考えられる売買戦略を表示...

テクニカル分析に強くなるオートチャーティスト(1月17...

■オートチャーティストとは オートチャーティストとはSaxoTraderGOで取引できる商品のチャート分析を自動で行い、確率が高いと考えられる売買戦略を表示する取引支...

テクニカル分析に強くなるオートチャーティスト(1月17日)

人気の記事

記事がありません。

人気のタグ

タグがありません。
口座開設(無料)はこちらボタン3

【ご注意】
■当ウェブサイト上で閲覧可能なレポートその他のコンテンツ(以下「レポート等」といいます。)は、いずれも情報提供のみを目的としたものであり、特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。
■これらレポート等は、作成時点において執筆者またはサクソバンク証券(以下「当社」といいます。)が信頼できると判断した情報やデータ等に基づいていますが、執筆者または当社はその正確性、完全性等を保証するものではありません。これらレポート等の利用により生じた損害についても、執筆者または当社は責任を負いません。
■これらレポート等で示される意見は執筆者によるものであり、当社の考えを反映するものではありません。また、これら意見はあくまでも参考として申し述べたものであり、推奨を意味せず、また、いずれの記述も将来の傾向、数値、投資成果等を示唆もしくは保証するものではありません。これらレポート等に記載の情報は作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。
■これらレポート等の全部か一部かを問わず、無断での転用、複製、再配信、ウェブサイトへの投稿や掲載等を行うことはできません。
■上記のほか、これらレポート等を含む当ウェブサイトの閲覧・ご利用に関する「免責事項」をご確認ください。
https://www.home.saxo/ja-jp/legal/disclaimer/saxo-disclaimer
■当社が提供するデリバティブ取引は、為替相場、有価証券の価格や指数、貴金属その他の商品相場または金利等の変動によって損失を生じるおそれがあります。また、お預けいただく証拠金額に比べてお取引可能な金額が大きいため、その損失は、預託された証拠金の額を上回る恐れがあります。お取引は、取引説明書および約款をあらかじめよくお読みいただき、それらの内容をご理解のうえ、ご自身の判断と責任において行ってください。
■当社でのお取引にかかるリスクやコスト等については、こちらも必ずご確認ください。
https://www.home.saxo/ja-jp
https://www.home.saxo/ja-jp/legal/about-trading-risk/saxo-about-trading-risk

サクソバンク証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第239号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会