口座開設(無料)はこちらボタン1

サクソバンク証券とは

サクソバンク証券は、サクソグループの一員として、
FX・CFD・先物取引などの商品を提供する証券会社です。
日本のお客様へ世界水準のサービスをお届けします。

サクソバンクA/S(Saxo Bank A/S)は、デンマーク・コペンハーゲンに本拠を置く投資銀行です。
FX·CFD·先物取引などマルチアセット対応のツールを提供し、オンライントレード業界を1992年よりけん引してきました。
サクソバンク証券は、そのサクソグループの一員として、2008年の東京オフィス開設以降、
世界基準のサービスを提供し続けています。

約定できないシステムでのトレードはありえません。いつもは問題なく約定するシステムでも相場急変時はそうでないことがあります。 相場急変時に、なかなか約定できなくて大損したことはありませんか?
通常時に約定拒否を起こすようなシステムは、余程注文数が大きい場合でもなければ、まずないでしょう。でも相場が大きく動く時はそうでもないということが今回の調査でわかりました。
雇用統計
発表前後の
約定率
100% (注)
米国雇用統計発表前後の約定率調査結果指標発表前30秒から発表後6分間の約定率。各社で132~156注文を発注。
雇用統計時の約定率調査結果 (株) 矢野経済研究所調べ (2018年3月)
米国雇用統計発表前後のスプレッド(取引コスト)調査結果 雇用統計前30秒から発表後3分間の調査。
各社の配信レートを調査し、その間1秒ごとのスプレッドを計測
米国雇用統計発表前後のスプレッド(取引コスト)調査結果
雇用統計
発表前後の
スプレッド
4社中最狭 (注)
「ドル円」スプレッド0.3銭原則固定、「ユーロドル」スプレッド0.4pips原則固定の会社でも、指標発表前後のスプレッドは大きく変化しました。 雇用統計などの相場急変時は、スプレッド原則固定という会社でもスプレッドは大きく拡がることがあります。
サクソバンクは変動制を採用していますが、雇用統計発表前後の「スプレッド」は、4社中最も狭い水準でした。
(株) 矢野経済研究所調べ (2018年3月)

サクソバンクの提示価格は、変動制でインターバンクの価格に基づいているので、
スプレッドが極端に広がりにくくなっています。
スプレッドを原則固定かつ自社で決めている場合は、リスクを自社で取るのでスプレッドが
大きく拡がる場合があります。

ドル円の実際のスプレッド
ドル円の実際のスプレッド
(株) 矢野経済研究所調べ (2018年3月)

相場急変時のスプレッドは各社とも大きく変動しました。各社通常の原則固定スプレッドよりかなり広い数字になっており、相場の安定まで階段状に下がっています。サクソバンク証券のスプレッドは常に変動していますが、スプレッド幅は他社に比べ狭くなっています。

ユーロドルの実際のスプレッド
ユーロドルの実際のスプレッド
(株) 矢野経済研究所調べ (2018年3月)
(注)下記の「調査要綱」をご確認ください。本調査結果は限られたサンプルに基づくものであり、絶対的な優位性を示すものではありません。また、特定のタイミングにおける調査結果であり、将来におけるパフォーマンスを保証するものではありません。
調査要綱
■調査実施日:2018年3月9日(金)
  • 2月の米国雇用統計発表時間(日本時間22時30分)前後の10分程度
■調査対象通貨ペア:USD/JPY, EUR/USD
■調査内容:
  • ・指標発表30秒前から指標発表3分後・6分後までの間における買い/売り注文の約定の状況(スリッページを含む)を調査
  • ・指標発表30秒前から指標発表3分後までの間における買い/売りの配信レートを調査し、その間1秒ごとのスプレッドを計測
■調査対象会社:矢野経済研究所「2018年版FX(外国為替証拠金取引)市場の動向と展望」において、提供するレートのスプレッドが狭いとされている有力企業から矢野経済研究所が任意に抽出した3社(A社、B社、C社)およびサクソバンク証券の計4社
■調査の方法:
  • ・マーケット注文(ストリーミング)で買(新規)⇒売(決済)、売(新規)⇒買(決済)を交互に繰り返す
  • ・発注単位は10万通貨単位
  • ・スリッページ許容設定を、「1pip」に設定
  • ・結果的に、各社において、USD/JPYで132~154注文、EUR/USDで132~156注文を発注
  • ・配信レートは、各社のリアルタイムの取引レートを把握
口座開設(無料)はこちらボタン3

サクソバンクは、有事の時もスプレッドが、拡がりにくい!

相場急変時に強い、サクソバンクの変動制スプレッド

サクソバンクの変動スプレッドのイメージ

サクソバンクの変動スプレッドのイメージ
サクソバンク証券の場合もっとも流動性の高い、銀行間取引レートに若干の水準を付加して、お客様に価格を提示しています。
なので、ボラティリティが高い場合でも、インターバンクのスプレッドの拡がり幅から大きく外れた価格を提示するということがほとんどありません。

原則固定スプレッド各社のイメージ

原則固定スプレッド各社のイメージ
他方、原則固定スプレッドの各社は、価格を決めるのは、FX会社自身です。なのでボラティリティが高い時などは自社でリスクをカバーするためスプレッドを拡げる動きがみられる場合があります。

仲値(売値と買値の平均)が動いていないのにロスカットされる!?

サクソバンクは「仲値」基準だから安心です

サクソバンクの「仲値」基準
ロスカットのイメージ

サクソバンクの「仲値」基準 ロスカットのイメージ
サクソバンク証券は「仲値」基準なのでスプレッドの拡大によって、ロスカットが起ることはありません。
また、スプレッドも今回の調査では最狭でした。

「買値」基準
ロスカットのイメージ

一般的な「買値」基準 ロスカットのイメージ
「買値」基準の場合は、仲値が変わらずとも「スプレッドの拡大」によって、ロスカットが起こることがあります。
口座開設(無料)はこちらボタン3
坂井秀人

「相場の急変時こそ証券会社の質が問われる」

相場の急変は雇用統計のように決まった時間だけでなく突発的なニュースでも起こります。
つまり投資家観点からポジション保有時は常にそのリスクがあるという事になります。

私は相場が急変するとネット上でユーザーから各社のスプレッドを集計し公表しています。急変時に便乗して不必要なスプレッドを取る会社は私自身使いたくないですし、皆さんにも参考にして貰いたい目的でやっています。

投資家にとってはトレードだけでなく証券会社選びも重要な仕事であり
また選ぶために相場急変時のスプレッドの比較は必須要件です。
各社が謳う原則の低スプレッドだけを鵜呑みにせず第三者機関が客観的に調べた数値を参考にしてください。

坂井秀人

ヒロ

「以前の自分に、業者選びは手法と同じくらい大事だ!と
強く言いたいですね」

FXを始めて一か月もたたないうちに、数日間で数百万円の利益が出ました。
しかし利益が出た次の日から約定遅延が続き業者側の操作を疑いましたね。
結果利益分だけでなく、資産を全て溶かしてしまいました。
相場急変時にきちんと約定する。
当たり前のようですが、当たり前ではない業者もあるので要注意です。
今では手法と同じくらい 業者選びが大事だという事を苦い経験から学びました。
相場の状況に振り回される事無く、きちんと約定してくれる業者選びをしたいですね。

ヒロ

バカラ村

「約定力とスプレッドを備えたところこそ、信頼できる
取引会社」

取引する際に重要、約定力とスプレッドですが、スプレッドは目で見て広がっているのか広くないのか分かりますが、約定力に関してはオーダーしてみないと分からないのです。
ある業者さんで、雇用統計発表直後の動いた方へエントリーしようとオーダーしたのですが、約定せず。
何度も繰り返しオーダーしたが、約定せず。
やっと約定したと思ったら、天井付近で約定したことがありました。。。
約定力は雇用統計に限らず、常に重要です。
年に何回がボラティリティの高まるときがありますが、そのときに逃げるも攻めるも、約定力とスプレッドはとても重要な要素となります。それを備えたところこそ、信頼できる取引会社だと言えるのではないでしょうか。

バカラ村

口座開設(無料)はこちらボタン3

相場急変時の約定に強い

number1相場急変時の約定に強い

米国雇用統計発表前後の約定率調査において、約定率100%、スプレッドは調査4社中1位となり、サクソバンクの高い約定力が実証されました。
(2018年3月矢野経済研究所調べ)

詳しくはこちら1

17:00–25:00のスプレッドに強い

number117:00–25:00の
スプレッドに強い

スプレッドは変動制なので、流動性が高い、17:00-25:00の時間帯は、業界最狭水準の実績。「詳しくはこちら」からライブレートをチェック!

詳しくはこちら2

業界最高水準のスワップ

number1業界最高水準のスワップ

スワップポイントは、FX取引の大きなもう一つの魅力!高金利通貨ペアのスワップポイントは、この低金利時代の日本では見逃せません。

詳しくはこちら3

業界No1の通貨ペア数

number1業界No1の通貨ペア数

米ドル、ユーロはもちろん、業界最多水準の150以上の通貨ペア※を用意。あなたのトレードチャンスを逃しません。
※2018年4月19日現在

詳しくはこちら4

使いやすい取引システム

number1使いやすい取引システム

サクソバンク証券の取引システムはニーズの厳しいプロトレーダーから支持されてきました。そのフィードバックは幅広いトレーダーにもお使いいただけるように調整され、取引システムに反映されています。

詳しくはこちら5

24時間のサポート体制

number1100%信託保全

お客様からお預かりしている取引証拠金につきましては、信託財産として日証金信託銀行に預け入れることで保全しております。

詳しくはこちら5

フリーダイヤル:

0120-007-3900120-007-390

取引時間外を除く24時間

フリーダイヤル:

0120-007-3900120-007-390

取引時間外を除く24時間

口座開設(無料)はこちらボタン3

重要事項及びリスク開示

【重要事項及びリスク開示】
■外国為替証拠金取引は通貨の価格を、貴金属証拠金取引は貴金属の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、売買の状況によってはスワップポイントの支払いが発生したり、通貨の金利や貴金属のリースレート等の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じたりすることがあります。
外国為替証拠金取引(NDF(ノンデリバラブル・フォワード)を除く)の売買手数料については、無料コースのスタンダード並びに有料コースのアクティブトレーダーがあります。アクティブトレーダーでは取引金額に一定の料率(ステージ1:0.003%、ステージ2:0.002%、ステージ3:0.001%)を掛けて求めた手数料が新規/決済それぞれで課金されます。さらにステージ2と3ではお支払いいただいた手数料の月間合計額が月額標準金額(ステージ2:6万円、ステージ3:20万円)に満たない場合は、その差額を追加で徴収させていただきます。ミニマムチャージの設定はありません。ステージはお客様ご自身で事前に選択していただき、月単位で適用されます。変更する場合は翌月以降の月の初日から有効となり、原則として月の途中で変更することはできません。NDFについては、新規/決済のそれぞれで取引金額の0.02%相当額が取引手数料として課金されます。ミニマムチャージの設定はありません。 貴金属証拠金取引の売買手数料については、無料コースのスタンダードと有料コースのアクティブトレーダーがあります。スタンダードではミニマムチャージが設定されています。アクティブトレーダーの手数料は外国為替証拠金取引と同様の仕組みになります。なお、ステージ2と3における手数料の月間合計額の計算では、外国為替証拠金取引と貴金属証拠金取引で発生した手数料が合算されます。
■外国為替オプション取引は外国為替証拠金取引の通貨を、貴金属オプション取引は貴金属証拠金取引の貴金属を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。売買手数料については、外国為替オプション取引・貴金属オプション取引ともに無料です。なお、オプションの売り側は権利行使に応える義務があります。
■株価指数CFD取引は株価指数や株価指数を対象としたETF(上場投資信託)を、個別株CFD取引は個別株や個別株関連のETFを、債券CFD取引は債券や債券を対象としたETFを、その他証券CFD取引はその他の有価証券関連ETF等を、商品CFD取引は商品先物取引をそれぞれ原資産とし、それらの価格の変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、建玉や売買の状況によってはオーバーナイト金利、キャリングコスト、借入金利、配当等調整金の支払いが発生したり、通貨の金利の変動によりオーバーナイト金利が受取りから支払いに転じたりすることがあります。
CFD取引の売買手数料については、原資産をETFとしない株価指数CFD取引と商品CFD取引では売/買、新規/決済の別にかかわらず無料ですが、それ以外は有料となり「取引金額×一定料率」または「取引数量×一定金額」で求めた手数料がかかります。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。手数料の料率や金額または最低手数料は取引所や銘柄などによって異なります。
■海外商品先物取引は原資産である商品の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。海外商品先物取引の売買手数料については、取引手数料と取引所手数料が新規/決済のそれぞれで課金されます。取引手数料は決済通貨ごとに注文単位当りで定められています。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また、建玉を翌日に持ち越すとキャリングコストが発生します。
■上記全ての取引において、当社が提示する売価格と買価格にはスプレッド(価格差)があり、お客様から見た買価格のほうが売価格よりも高くなります。
■上記取引を行うに当たっては、オプション取引の買い側を除いて、取引証拠金を当社に預託する必要があります。取引証拠金の最低必要額は取引可能な額に比べて小さいため、損失が取引証拠金の額を上回る可能性があります。この最低必要額は、取引金額に対する一定の比率で設定されおり、口座の区分(個人または法人)や個別の銘柄によって異なりますが、平常時の比率は4%から20%が適用されます。ただし法人が行う外国為替証拠金取引については、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用いて通貨ペアごとに算出した比率(※)を下回らないように当社が設定します。※金融先物取引業協会が算出するペアについてはその比率、それ以外については当社が算出した比率。いずれも算出は1週間に1度。
■当社が事前に承諾した場合は電話で注文を行うことも可能ですが、その場合、通常手数料に加えて一つの注文あたり1,000円の手数料がかかります。
■オプションの買いを除く上記取引には、損失が無制限に拡大することを防止するために自動ロスカット(自動ストップロスとも言います)が適用されますが、これによって確定した損失についてもお客様の負担となります。また、自動ロスカットは決済価格を保証するものではなく、損失がお預かりしている取引証拠金の額を超える可能性があります。
■この「重要事項及びリスク開示」の詳細については契約締結前交付書面の一つである「取引説明書」でご確認ください。

サクソバンク証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第239号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会

saxobankロゴg